起業するためのポジショニング

[fusion_builder_container hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” background_position=”center center” background_repeat=”no-repeat” fade=”no” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ video_aspect_ratio=”16:9″ video_loop=”yes” video_mute=”yes” overlay_opacity=”0.5″ border_style=”solid” padding_top=”20px” padding_bottom=”20px”][fusion_builder_row][fusion_builder_column type=”1_1″ layout=”1_1″ spacing=”” center_content=”no” hover_type=”none” link=”” min_height=”” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” class=”” id=”” background_color=”” background_image=”” background_position=”left top” background_repeat=”no-repeat” border_size=”0″ border_color=”” border_style=”solid” border_position=”all” padding=”” dimension_margin=”” animation_type=”” animation_direction=”left” animation_speed=”0.3″ animation_offset=”” last=”no”][fusion_title hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” size=”1″ content_align=”left” style_type=”default”]

あなたが起業する理由

[/fusion_title][/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container][fusion_builder_container hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” background_image=”http://seminer.seiichiegawa.jp/wp-content/uploads/2013/05/11-3-1024×532.png” background_position=”left center” background_repeat=”no-repeat” fade=”no” background_parallax=”fixed” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ video_loop=”yes” video_mute=”yes” border_style=”solid”][fusion_builder_row][fusion_builder_column type=”1_1″ layout=”1_1″ background_position=”left top” background_color=”” border_size=”” border_color=”” border_style=”solid” spacing=”yes” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” padding=”” margin_top=”0px” margin_bottom=”0px” class=”” id=”” animation_type=”” animation_speed=”0.3″ animation_direction=”left” hide_on_mobile=”no” center_content=”no” min_height=”none” last=”no” hover_type=”none” link=”” border_position=”all”][fusion_separator style_type=”none” top_margin=”0″ /][/fusion_builder_column][fusion_builder_column type=”1_1″ layout=”1_1″ background_position=”left top” background_color=”” border_size=”” border_color=”” border_style=”solid” spacing=”yes” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” padding=”” margin_top=”0px” margin_bottom=”0px” class=”” id=”” animation_type=”” animation_speed=”0.3″ animation_direction=”left” hide_on_mobile=”no” center_content=”no” min_height=”none” last=”no” hover_type=”none” link=”” border_position=”all”][fusion_text]

 

 

自分の好きなことで起業する
「Risk Zero 起業セミナー」主宰
江川誠一です。

 

あなたは、なぜ起業をしたいと思いますか?

『ビジネスをやる理由』それが明確になっていますか?

 

なぜ起業するのか?

あなたの起業がうまくいくかどうかは、

一番初めのこの部分で大きく変わってきます。

 

起業をこれから考える人も、すでに起業したけど

うまくいっていないという人もまずは、

 

「なぜ」「どのようにして」「何を」この3つの視点を

この順番で明確に意識しましょう。

 

今の日本のように物が溢れ人々が満たされた状態だと

ただ、商品を並べたり、ただお金儲けのためにサービスを開始しても

売れません。

 

「なぜ」を示した時に人の心は大きく動きます。「何をでは

ないのです。

 

考えるときに注知ることは、[ お金を稼ぐため ] は、「なぜ」の答えにはなりません。

利益はあなたの優れたサービスや製品の成し遂げた結果に過ぎないからです。

 

人の心を動かすために、あなたが「なぜ」そのビジネスをしているかを

明確にしてください。

 

ビジョンをシェアする

お金儲けを第一に意識していると、

稼ぐことがゴールになってしまいます。

 

あなたの製品やサービスを必要とする人に売ることは、

あなたのゴールではありません。

 

あなたの「なぜ」に共感してくれる、

あなたのビジョンを一緒にシェアしてくれる人に

販売することがゴールです。

 

あなたが想いを伝えることで、あなたのビジョンに賛同してくれる

人たちがお客様となりあなたの商品やサービスにお金を支払ってくれます。

 

だから、あなたの起業がうまくいくには

夢やビジョンに共感してくれる人を増やすことが大切となります。

 

共感してくれる人を増やす=集客となりますが、

想いを伝える集客に有料広告は必要ありません。

 

むしろ間違った有料広告を使用すれば

あなたの想いは伝わらず、集客ができないことになります。

 

有料広告を使用せずに想いを伝える集客については

また、別の記事でお伝えしますが、まずは、

あなたがなぜそのビジネスを行うのか?

 

その想いをシェアすることを意識してください。

 

[/fusion_text][/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container][fusion_builder_container hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” background_position=”center center” background_repeat=”no-repeat” fade=”no” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ video_aspect_ratio=”16:9″ video_loop=”yes” video_mute=”yes” overlay_opacity=”0.5″ border_style=”solid” padding_top=”20px” padding_bottom=”20px”][fusion_builder_row][fusion_builder_column type=”1_1″ layout=”1_1″ spacing=”” center_content=”no” hover_type=”none” link=”” min_height=”” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” class=”” id=”” background_color=”” background_image=”” background_position=”left top” background_repeat=”no-repeat” border_size=”0″ border_color=”” border_style=”solid” border_position=”all” padding=”” dimension_margin=”” animation_type=”” animation_direction=”left” animation_speed=”0.3″ animation_offset=”” last=”no”][fusion_title hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” size=”1″ content_align=”left” style_type=”default”]

誰のためのビジネスか

[/fusion_title][/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container][fusion_builder_container hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” background_image=”http://seminer.seiichiegawa.jp/wp-content/uploads/2013/05/12-1024×532.png” background_position=”left center” background_repeat=”no-repeat” fade=”no” background_parallax=”fixed” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ video_aspect_ratio=”16:9″ video_loop=”yes” video_mute=”yes” overlay_opacity=”0.5″ border_style=”solid” padding_top=”20px” padding_bottom=”20px”][fusion_builder_row][fusion_builder_column type=”1_1″ layout=”1_1″ spacing=”” center_content=”no” hover_type=”none” link=”” min_height=”” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” class=”” id=”” background_color=”” background_image=”” background_position=”left top” background_repeat=”no-repeat” border_size=”0″ border_color=”” border_style=”solid” border_position=”all” padding=”” dimension_margin=”” animation_type=”” animation_direction=”left” animation_speed=”0.3″ animation_offset=”” last=”no”][fusion_text]

 

 

あなたのビジネスは誰のためのビジネスですか?

 

誰の悩みを解決し、誰を幸せにするビジネスなのか

理想のお客様をイメージできていますか?

 

誰のためのビジネスか?

 

あなたが「なぜ」起業するのか、それが明確になったら

次に「誰のため」を明確にします。

 

具体的な「たった一人」に絞り込むことができれば

その「たった一人」のお客様に対してどのような価値が提供できるのか

明確になります。

 

その価値提供がまさにあなたのビジネスそのものとなります。

 

そのあなたのビジネスによって、

「たった一人」のお客様がどのような幸せを感じ、

未来がどうなるのかを想像しましょう。

 

絞り込まないとどうなる

では、絞り込まなければどうなるのか?

 

絞り込むということは、沢山の中から一部に制限するということです。

 

絞り込んでしまうと、その分、お客様が減ってしまうのではないかと

考える人もいるでしょう。

 

だからと言って、老若男女に誰でもと広げていくと

ぼんやりとしたありきたりなメッセージになり

お客様にあなたのメッセージは届かなくなります。

 

マーケティングにおいては、特定のお客様を絞り込むことが

とても重要となるのです。

 

実践してみよう

では、あなたの「たった一人の理想のお客様」を想像していきましょう。

 

あなたは誰のためのあなたでしょうか?

◯ 男性ですか?女性ですか?

◯ 年齢はいくつですか?

◯ 既婚者ですか?独身ですか?

◯ 子供はいますか?

◯ 年収はいくらですか?

◯ 月に自由に使えるお金はいくらですか?

◯ その人の読む本や雑誌は?

◯ よく見るテレビは?

◯ その人の抱える問題はなんですか?

 

具体的な理想のお客様がイメージできましたか?

 

最後に確認

「たった一人の理想のお客様」がイメージできたら

そのお客様が本当に自分にとって理想なのかもう一度確認してください。

 

例えば、そのお客様が、毎日あなたの元を訪れて相談に来たり、

毎日電話がかかってきたりしたら

あなたは、それが幸せですか?それとも苦痛ですか?

 

せっかくお客様を絞り込みできても

あなたが苦痛だと思うのならその方は理想のお客様ではありません。

 

あなたが苦痛に思うようではビジネスとして継続ができなくなって

しまう可能性があります。

 

情熱を持って探求できる、お客様のために人生をかけて頑張れる

そんな理想のビジネスを理想のお客様のために行いましょう!

[/fusion_text][/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container][fusion_builder_container hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” background_position=”center center” background_repeat=”no-repeat” fade=”no” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ video_aspect_ratio=”16:9″ video_loop=”yes” video_mute=”yes” overlay_opacity=”0.5″ border_style=”solid” padding_top=”20px” padding_bottom=”20px”][fusion_builder_row][fusion_builder_column type=”1_1″ layout=”1_1″ spacing=”” center_content=”no” hover_type=”none” link=”” min_height=”” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” class=”” id=”” background_color=”” background_image=”” background_position=”left top” background_repeat=”no-repeat” border_size=”0″ border_color=”” border_style=”solid” border_position=”all” padding=”” dimension_margin=”” animation_type=”” animation_direction=”left” animation_speed=”0.3″ animation_offset=”” last=”no”][fusion_title hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” size=”1″ content_align=”left” style_type=”default”]

真の問題を解決する

[/fusion_title][/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container][fusion_builder_container hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” background_position=”center center” background_repeat=”no-repeat” fade=”no” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ video_aspect_ratio=”16:9″ video_loop=”yes” video_mute=”yes” overlay_opacity=”0.5″ border_style=”solid” padding_top=”20px” padding_bottom=”20px”][fusion_builder_row][fusion_builder_column type=”1_1″ layout=”1_1″ spacing=”” center_content=”no” hover_type=”none” link=”” min_height=”” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” class=”” id=”” background_color=”” background_image=”” background_position=”left top” background_repeat=”no-repeat” border_size=”0″ border_color=”” border_style=”solid” border_position=”all” padding=”” dimension_margin=”” animation_type=”” animation_direction=”left” animation_speed=”0.3″ animation_offset=”” last=”no”][fusion_text]

 

 

お客様の真の問題とはなんですか?

 

お客様があなたのビジネスにお金を払ってでも

解決したいと思っている問題です。

 

その問題を理解せずにビジネスはスタートできません。

 

お客様の問題解決

あなたが「誰に」向けてビジネスを行うのかは

すでにイメージできているはずですが、

 

その「たった一人のお客様」が困っている

解決したいとあなたがイメージしている問題は

本当にお客様の問題ですか?

 

あなたの思い込みではなく本当に問題かどうかは

リサーチして確認してみましょう。

 

あなたの実際のお客様やお客様になるであろう人に

直接聞いてみましょう。

 

直接聞く相手がいないようならGoogleで徹底的に

調べてみましょう。

 

本当の問題を見つける

リサーチしたり、一生懸命想像して

あなたのお客様が抱えている問題がわかってきたら

まずは、すべて書き出してみましょう。

 

まずは、100個以上書き出してみてください。

 

そして書き出してみたらその中から本当に

お客様が困っている、

心底解決したいと思っている真の問題を見つけてください。

 

[/fusion_text][/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container]