11月2日起業・副業はじめの一歩セミナー開催しました。

既に独立して株やFXで生計を立てている方や

会社の収入と、株ともう一つの柱として個人輸入を検討されている方など

がご参加いただきました。

私のセミナーは、副業のはじめの一歩がメインになりますので

多くの参加者様は、これから会社を辞められるように

会社を辞めても自分で食べていけるように副業で何をしたらいいのか

わからずにきっかけを求めてご参加されます。

 

しかし、今回の参加者様は既にやりたい事や方向性が明確になっている方が

多くいつものセミナー内容ではきっと物足りないのでは?と、

はじめの皆様の自己紹介から感じましたので、いつもより更に具体的に

濃いお話をさせていただきました!

 

さて、今回の参加者様は副業収入があり退職された方と

これから副業収入を増やし退職も視野に入れている方となりましたが、

副業はいつから始めるべきなのでしょうか?

 

会社を辞める前に副業は必要か?

結論から言うと会社を辞める前に副業は必要です!

私が会社を辞める前に本などで学んだ際は、会社を辞める前に

貯金を最低でも300万円はしておきましょうと言う内容でした。

 

「再就職先が決まらなかったり、

新しいビジネスが軌道に乗らなくても300万円あれば一年くらいは

生活に困ることがないから」

 

という感じでしたが、もちろんある程度の蓄えは必要ですが、

そこを削っていくよりも、

毎月10万円でも20万円でも新たに収入を生み出す仕組みを副業で

つくっておいた方が次の未来へ繋がると確信しています。

 

再就職する時に副業は必要か?

退職する際にある程度、副業で収入があれば

その先、独立して生きていくことも、再就職することも選択ができるようになります。

 

もちろん全ての方が独立志向ではないので、就職して会社に属するという

選択も決して間違いではありません。

 

ただ、副業で収入があれば再就職の際にも

収入面で心配をしなくても自分の本当にやりたいことで

就職もできるようになると思います。

 

そしてその方が人生も豊かになり、就職先の本業もうまくいく

場合がよくあります。

 

アルバイトを時給で選んだ時代

私自身も、二十歳前後の頃はアルバイトを転々としていました。

アルバイトを選ぶ基準は、必ず時給1000円以上でした。

 

今となれば時給1000円は割と普通ですが、当時は時給1000円は

なかなか高いハードルでした。

そのため、仕事は選べないので別にやりたくない仕事でも

時給のため、生活のために働いていました。

 

そんな生活が続き、これではダメだと思い、初めて時給以外の

『やりがい』を重視してアルバイトした先で就職が決まり、

執行役員(部長)まで、いわゆる出世ができました。

 

副業というと「お金稼ぎ」のイメージが非常に強くなりますが、

なぜ、「お金を稼ぐ」必要があるのかというところが重要だと私は思います。

 

副業をお勧めする理由

金銭的余裕を持って、ビジネスにチャレンジし、そちらのビジネスが軌道に乗ったり

本業でうまく行った時に副業が必要なくなればいつでも止めればいいのです。

 

そして、また必要になる時にはある程度自分で稼ぐ力がついているということが

人生にとってのあなたの強みとなります。

 

本当に明日支払いのための1万円が必要だとか、

クレジットカード枠を生活ために使い切ってしまってからだとか

そうなってから副業スタートでは少し遅いのです。

 

いくら即金性の高いビジネスを始めたとしても成果が出るまでに

時間はある程度かかります。それくらいの余裕を持って副業を始めましょう。

 

その期間がどれくらいかというと、半年くらいあれば月に30万円くらいの

収入を副業で得ることは可能ですし、

最低でも3ヶ月あれば15万から20万円くらいは、毎月の収入として確保できるように

なるので、それくらいの余裕を持って進めましょう!